自己紹介で自分を知ってもらおう!面接で好印象を与える方法3選!/Work Hard

自分を知ってもらう

面接の際にはよく自己紹介がありますよね。中には自己PRと混同してしまう方もいるかと思いますが、自己紹介は自己PRとは違い、まずは面接官にこれまでの自分を知ってもらうための場です。手短に、でも面接官には興味をもってもらえる自己紹介を心がけましょう。

自己紹介で好印象を与える方法

時間は1分程度

あまり自己紹介が長くなってしまうと、そもそもの自己紹介の意味が無くなってしまいます。ですので、300~400字が目安の自己紹介を考えると良いでしょう。また、短すぎるのもアピールに繋がりません。必ず1分ほどで考えましょう。

表情に注意

どれだけいい自己紹介をしても、表情次第では印象が悪く見えてしまう事もあります。なるべく、笑顔で話す事を心がけると良いでしょう。笑顔が難しいなら、口角をあげる事を意識するといいですよ。

話し方にも気を抜かないで

自分を知ってもらう場ですから、話し方にももちろん気を付けなければいけません。まず、早口すぎては、面接官にもしっかり伝わらない可能性がありますし、内容をゆっくり話しすぎるのも時間稼ぎに思われてしまいます。あくまで早すぎなく、遅すぎなくのスピードを心がけましょう。

事前に考えておこう

女性

まだ仕事の面接をしたことがないという方や、何回かはあるけれどまだ慣れないという方は、面接時に「自己紹介をしてください」と言われたとき、頭が真っ白になることがあります。自己紹介なんてものは普段そうそうする機会がありませんし、それに仕事の面接での自己紹介となれば、自分がどういう人でどういうことが得意で、といった採用不採用に関わる大事なものになるので気が抜けません。そのため自己紹介をするよう言われた際にすぐに言葉がスラスラ出てくるよう、事前にどんなことを言うのか、紙に書いて、それを口に出して読んで練習しておきましょう。仕事経験のある方は以前どんな仕事をしていたのかや、どういった仕事が得意なのか伝えましょう。仕事未経験者は趣味だったり、得意なことであったりをアピールするとよいでしょう。求人票に書いてある、こんな仕事をしてみたいと考えておりましたといったことでも構いません。落ち着いて真っ直ぐ面接官のほうを向き、堂々とアピールしてください。

話しすぎには気をつけて

履歴書

一度口を開いたらなかなか止まらず、話しすぎてしまうタイプの人がいますが、面接時の自己紹介というものは手短に話すのが基本です。そもそも自己紹介は面接の初めに行われるので、そこで話しすぎてしまうと話が長い人認定され、大きな減点になってしまいます。話が長いのは自分の言いたいことが簡潔にまとめられなかったり、相手に伝わりやすい話し方をしていなかったりします。また衝動性が抑えられないといったネガティブな面が強調されてしまいます。そういう人と一緒に働くと、コミュニケーションが難しいと捉えられてしまいます。自己紹介はあっさりと簡潔に行いましょう。面接官が、あなたについてもっと知りたいことがあるならば質問してくるでしょう。

広告募集中